脇脱毛で自己処理による膿を予防する方法

脇のムダ毛は自分で簡単に処理することができますが、どんなに優しく自己処理したとしてもトラブルが起きることが多い部位です。たとえばカミソリで剃る方法では、皮膚まで一緒に剃ってしまいますし、毛抜きを使っても毛を抜く瞬間毛穴にダメージを与えることになるのです。脇の自己処理方法やトラブル、改善策について見てみましょう。

脇の簡単な自己処理方法

【方法1】カミソリ

脇の自己処理の定番はカミソリです。価格も安く、どこでも手に入るのでカミソリを使って自己処理している人は多いでしょう。カミソリにも色々な種類があるので、脇に使う時はワキ用を使うと安全で剃り残しなく自己処理することができます。

【方法2】毛抜き

毛抜きでおこなう脇の自己処理は、1回抜くと毛が生えてくるまで時間があるのでチクチクしにくくて楽というメリットがあります。デメリットは、1本1本脇毛を抜いていくので時間と手間がかかるというものです。また埋没毛になる可能性もあります。

脇の自己処理のトラブル

脇毛を自己処理すると色々なトラブルが起こる可能性がありますので注意が必要です。

【トラブル1】膿が溜まってしまう

脇の自己処理のトラブルの中でも特に深刻なのは、毛穴に膿がたまってしまう症状です。

【膿が溜まった時の症状】

これは毛膿炎と呼ばれているもので、赤く腫れて皮膚が盛り上がってきます。見た目はなんとなくニキビのような感じで、皮膚表面は炎症が起きている状態ですから、少しの刺激だけで激痛が走ってしまうのです。

この症状が起きるのは、脇の自己処理によって肌が傷ついたところに、菌が入り込んでしまうことが原因です。脇の自己処理後、ローションやクリームによる肌の保湿ケア不足に加え、家庭で使用したカミソリにもともと菌が繁殖していたということも考えられます。

このような症状を避けるには、やはり自己処理ではなくサロンやクリニックの脱毛で脇のムダ毛をすっきりとさせておくことが大切だと言えます。

【トラブル2】色素沈着

お肌への刺激が原因

脇のムダ毛の自己処理後にできる黒ずみやシミは、毛穴にできた色素沈着です。

【色素沈着ができる理由】

色素沈着のできる理由は皮膚への刺激によるものです。カミソリを長期間当てているとお肌には強い刺激となります。脇が自己処理により刺激が与えられると、自分の身を守ろうとメラニンの活動が活発になり、メラニンが色素沈着をおこすのです。

色素沈着があるとワキが汚く見えてしまうので、女性として残念な感じになってしまいます。

脇に刺激の少ない自己処理をしよう

色素沈着ができないために、脇に刺激が多くない方法でムダ毛を処理していくことが大切です。毛抜きやカミソリは自宅でできる自己処理の中では手軽な反面、刺激が強くお肌へのトラブルを起こしやすいというデメリットがあります。

色素沈着だけでなく、お肌の炎症をおこす可能性もあります。トラブルを起こさないために、おすすめの脇の自己処理方法は電気シェーバーです。電気シェーバーはお肌への負担が少ないので、傷つけることなく優しく綺麗にすることができます。

家電量販店で顔用のシェーバーが売られているので1つ持っておくと凄く便利だと思います。男性のヒゲ用シェーバーも販売されていますが、女性用の電気シェーバーが使いやすくオススメです。

自己処理のトラブルは脇脱毛で改善できる

自己処理による膿や色素沈着といったトラブルは、サロンやクリニックでの脇脱毛をすることで改善できます。もちろん症状がひどい場合はすぐに脇脱毛のお手入れはできませんから、完全に治ってからになります。

【脇脱毛でトラブルを改善できる】

施術を受けた後は脇毛の自己処理をしなくて済むようになるため、脇を清潔にしている限り膿がたまることはありません。また脇や全身の自己処理による色素沈着も脱毛器の種類によっては薄くすることもできます。

脇の自己処理を続けていると、お肌のトラブルは治りませんので、ダメージを少しでも減らすため、こういったお店の光脱毛や医療レーザー脱毛を便利に利用したいです。まずは無料カウンセリングをうけてスタッフに確認してみると良いでしょう。

小学生の脇脱毛のススメ

脱毛と言えば大人のすることだと思われがちですが、今時の小学生の間では欠かせないこととなりつつあります。特に、プールの季節などは脇脱毛が気になる子も多いようです。人によっては大人のように毛が生えている子もいますし、自己処理している子も少なくありません。

しかし、小学生の肌はまだまだデリケートなので、正しいケア方法を教えてあげなくてはなりません。脇脱毛の自己処理方法としては、

  • 脱毛サロンに任せる
  • カミソリを使う
  • 脱毛クリームを使う
  • 毛抜きを使う

といった四種類があります。

小学生は脱毛サロンで脇脱毛できるの?

脱毛サロンでも脇脱毛だけなら安い料金で施術できますが、内容としても小学生にはあまりおすすめできません。ディオーネのハイパースキン脱毛ならお肌に優しく痛みが少ない方法なので、3歳から通うこともできます。

メモ
しかし、ホルモンバランスが整っていないうちに通っても、脇脱毛完了後に脇毛が再び生てくる可能性もあります。ミュゼや銀座カラーでは生理が来ていないと契約できないなどの決まりがあります。

各サロンの脱毛可能年齢と条件

脱毛の種類 脱毛ができる年齢・条件
ミュゼプラチナム SSC脱毛(光脱毛) 16歳以上、生理が安定している
銀座カラー IPL脱毛(光脱毛) 16歳以上、2回以上生理が来ている
ディオーネ ハイパースキン脱毛(光脱毛) 3歳以上

エステでの脇脱毛のメリット、デメリットについてこちらで紹介しています。

エステサロンでの脇脱毛の金額とメリット・デメリット

自己処理でおすすめの方法

カミソリを使った脇の自己処理の方法は、手軽にできますし費用もあまりかかりません。けれども、肌への負担がある程度かかることは知っておかなくてはなりません。

アフターケアをしっかりレクチャーするなどの配慮が必要です。また、敏感肌の子は別の方法を選んだ方が無難です。

脱毛クリームは、比較的低コストでありながら安全に脱毛ができるので、脇脱毛したい小学生にはおすすめの方法です。一口に脱毛クリームと言っても様々な種類のものが販売されています。

除毛クリームは小学生向けのファッション誌と口コミでチェック

脱毛クリーム手軽に脇の自己処理ができますが、なかには刺激が大きいものもあります。口コミなどを参考にしつつ配合成分をチェックして、なるべく肌負担の軽いものを選びましょう。

1回で思うような効果が出なくとも、繰り返し使用することで徐々に毛が薄くなっていくものもあります。また、エラピットなどの小学生向けファッション誌でも紹介されているものは安心して使えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする