当日ではなく、2、3日前が適切。脇脱毛は事前に剃っていく。

脇は半袖を着たとき、ムダ毛が目立ちやすい部位です。夏の暑い季節には、袖の短い服を着る機会が多くなりますので、しっかりとワキのお手入れを済ませておくことが大切です。脇脱毛でお店に通う方も最近はたくさんいますが、脇脱毛を受ける前に脇毛は剃るべきなのでしょうか。

脇脱毛を受ける前は脇毛を剃る必要がある

カウンセリングを受け、脇脱毛の契約をして施術日の予約を入れるとスタッフに『脱毛の前日までの脇毛を剃るようにしてください』と伝えられます。脇脱毛を受ける前には、カミソリや電気シェーバーを使用して自己処理を完了させてからエステサロンに行く必要があるのです。

【脇脱毛前の自己処理の注意点】

もしも、自分で綺麗にしていくのを忘れお店に行ってしまうと、シェーバー料金がかかってしまう場合もありますので気を付けましょう。また、自己処理に毛抜きやブラジリアンワックスを使ってしまうと毛根が抜けてしまい、脱毛器の効果が得られなくなってしまいますので、脇脱毛の前は必ず剃るようにしてください。

脇脱毛前にムダ毛を剃る理由

【理由1】火傷をしてしまう可能性がある

サロンの光脱毛やエステの医療レーザー脱毛は、黒い部分に反応する仕組みとなっています。脇脱毛を受ける時に毛が残っていると、毛にエネルギーが集まり皮膚が火傷してしまう可能性があります。ムダ毛が残っているとお肌のトラブルの原因となりますので、きちんと剃る必要があるのです。

【理由2】脇脱毛の効果を高めるため

脇脱毛時に脇毛があると脱毛効果が下がります。事前にムダ毛を剃ることで、脱毛器の光やレーザーがしっかり毛穴に進み脱毛の効果をしっかりと発揮してくれます。また、脱毛の照射前に塗るジェルも脇毛がない状態の方がお肌にしっかり浸透してくれます。剃って脱毛に行っているのに効果がない時についてはこちらで紹介しています。

脇脱毛の効果ないときの対策、返金保証について

 ムダ毛を剃るタイミング

2~3日前に剃るのが良い

脇脱毛は施術を受ける前に自分自身でワキ部分のムダ毛を剃っていくのが基本です。また、剃るタイミングは脇脱毛当日ではなく、2、3日前に行うように言われます。

【2~3日前に剃る理由】

なぜ脇脱毛当日に剃ることは避けた方が良いのかというと、剃った直後は肌が荒れやすいためです。もしもお肌がカミソリやシェーバーの処理が原因で炎症をおこしても、2日前におこなっておけば当日には落ち着いてきます。

お肌が荒れていると脱毛は荒れている部分を避けてマシンを当てられてしまうので、せっかくお店に行ったのにもったいないですよね。

顔用電気シェーバーがおすすめ

大切な肌を保護し脇脱毛時の痛みを抑えるために、こういった注意点はしっかり守ることが大切です。家庭でおこなう脇脱毛前処理は、カミソリよりも電気シェーバーの方がお肌に優しいので、脇脱毛前に剃るのにはおすすめです。顔用シェーバーは家電量販店でも数千円で販売されていますので、1つ持っておくといいと思います。

脇の自己処理の肌トラブルとは

自己処理によるダメージ具合によっては、シミのように色素沈着として残ってしまうことも考えられますから、美肌を求めるならばカミソリで剃る等の自己処理は避けるべきです。こういった悩みを持つ人たちは、脇脱毛を受けることで悩みを解消しています。

実際、部位別脱毛ランキングでも1、2位を争うくらい脇は人気ですから、その結果を見るだけでも脇脱毛している女性が多いのが分かります。脇脱毛はキャンペーンをおこなっているお店も多いので、安い価格で契約することができます。

人気サロンのミュゼプラチナムでは100円でVラインとワキの脱毛を回数無制限でうけることができます。自己処理によるトラブルを予防する方法はこちらで紹介しています。

脇脱毛で自己処理による膿を予防する方法

脇以外の部位も剃る必要があるの?

脇脱毛以外でも、2~3日前に脱毛部位を剃る必要があります。剃り残しがあると店舗によっては、

  • 脱毛を受けられない
  • その部分は避けて脱毛をおこなう
  • シェービング代を支払いスタッフに処理してもらう

という場合があります。脇脱毛の場合、脇は自分で剃りやすい箇所ですが、全身脱毛となると自分でおこなうには時間も手間もかかります。

【手の届かない部位の自己処理について】

vioライン、背中、うなじ、もみあげ、お尻などのどうしても手が届かない背面は無料でシェービングしてくれるサロンやクリニックもあるので、お店の人に任せると安心です。

銀座カラーではシェーバーを持参するという条件で、自分では手の届かい部分を剃ってもらえます。無料で脇脱毛前に何回でも剃る処理をしてくれるお店もあるので、自分でおこなうのがめんどくさい方は、そういったお店を選びましょう。

エステサロンのシェービング対応

シェービングの対応 剃り残し対応
ミュゼプラチナム 襟足、背中、Oラインは無料 施術不可
銀座カラー 電動シェーバー持参で背面無料 1ヶ所1,000円
キレイモ パックプランは無料 月額制の場合1,000円
シースリー 剃り残し程度なら無料 広範囲の場合は施術不可
脱毛ラボ  なし 1,000円

脇脱毛をニードルでしたい時

脇脱毛の手法もサロンやクリニックによって様々ですが、今の主流は光脱毛やレーザー脱毛です。毛にレーザーや光を照射して毛根に反応させて破壊するのです。昔から続けられていた脱毛方法にニードルがあります。これは針を使って行う手法で、最近はあまり見かけなくなっています。ニードルを使っての脇脱毛は、毛穴に直接針を入れて電流を流して毛母細胞を破壊していきます。

 ニードルでの処理は効果が高い

他の脱毛手法に比べると、直接的なのでかなりの痛みを伴います。ですが、きっちりと処理をしたいという人にはかなり効果の高い方法となります。ただし、価格が時間設定や本数で設定されたりするので、計算がしにくいという面もあります。

もしも脇脱毛をニードルでやりたいという場面がいつかを考えてみると、これまで契約していた脱毛プランでは全部処理が仕切れなかった場合がまず挙げられます。少ない本数であれば、直接針を入れてもらって脱毛した方が早いのです。

価格や時間が変化するニードルはお店で事前に確認

メモ
白髪の場合はレーザーや光は反応しませんので、それを処理するときにも適しています。
基本的には脇脱毛は比較的施術をする範囲も狭く、価格も安くなっていることがほとんどです。けれどもニードルを使う時には、これまでの価格設定や施術時間とは少し違ってくる場合もありますので、最初に確認しておくと安心です。自分の希望に合った脱毛をするために、ニードルも一緒に比較しながらベストなサロンやお店を探しましょう。

 ニードルでの脇脱毛前に毛を剃る必要はない

ニードルで脇脱毛をする場合には、事前に毛を剃る必要はありません。逆に少し毛を伸ばしておくことが大切です。なぜ、剃ることはしなくて良いのかというと、ニードル脱毛は毛穴に針をさしておこなうので、毛が生えていないと指す場所がわらかないからです。お店によって対応は異なりますので、事前にしっかり情報を得ておくと安心です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする